腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第39回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(四十肩・五十肩編 その5)

第39回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(四十肩・五十肩編 その5)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 第39回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(四十肩・五十肩編 その5)

第39回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(四十肩・五十肩編 その5)

2016/04/02

今回も引き続き、『気になる身体の症状について』(四十肩・五十肩編)を掲載しますので、ぜひ参考にご活用ください。

 

Q7.痛みを和らげるにはどうすればいいのですか?

A7.関節を温めます。

痛みがあるときには、安静にして肩関節を温めるのが大変効果的です。

熱いお湯に浸したタオルを絞ってビニール袋に入れたものを、肩関節に包むように広めに乗せるとよいでしょう。また、温めのお風呂にゆっくりつかったり、シャワーをかけるのも手軽な方法です。40~42度のお湯を2~3分、17~20度の水を2~3分、交互にかけることを10~20分くらい続けるのもよい方法です。後で肩を冷やさないよう、最後はお湯のシャワーで終了します。また、襟の大きく開いた服は、肩を冷やす原因にもなりますから、普段の服装にも気を配ってください。

 

Q8.四十肩・五十肩を改善する体操は?

A8.肩関節をゆっくり動かしましょう。

痛いからといって動かさないでいると『フローズン・ショルダー(凍結肩)』といって、肩関節がほとんど動かなることがあります。症状の悪化を防いで回復を早めるために、肩関節の可動域を少しずつ広げる体操が有効です。無理することなくほんの少しずつ毎日続ければ、大きな効果が得られます。

 

Q9.四十肩・五十肩を予防するにはどうすればよいですか?

A9.身体によい生活を心掛け、目が疲れたら休める。

肩関節は、年齢と共に可動域が狭くなりますから、普段から適度な運動を習慣にし、肩関節を無理しない範囲で動かすよう心掛けてください。全身を伸ばすストレッチもお勧めです。

四十肩・五十肩は、突然起こるのではなく、肩に違和感やしびれ感があるなどの前兆があります。これを見逃さず、起こったら肩関節を適度に動かしたり、温めることで症状の進行を抑えることができます。

 

『四十肩・五十肩編』は今回で終了です。   次回は『背骨の歪み編』を掲載しますので、お楽しみにお待ちください。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP