腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第27回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その6)

第27回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その6)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 第27回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その6)

第27回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その6)

2016/01/09

今回も引き続き『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その6)を掲載しますので、ぜひ参考にしてください。

 

Q8.こりや痛みを予防する生活方法はありますか?

Ą8.正しい姿勢と日頃の動作を意識しましょう!

こりや痛みを予防するために日常動作の中で気を付けることは、正しい姿勢を意識することです。特に、“長時間のうつむき姿勢”や”前かがみでの動作”は、肩・腰のこりや痛みの元凶になります。背骨(脊柱)のS字カーブを緩やかに保つ正しい立ち方、座り方を取り入れましょう。

悪い姿勢が習慣化していると、正しい姿勢に慣れるまで多少時間がかかります。正しい筋肉が使われることで、筋力強化にもつながりますので、意識して続けることが大切です。また、“長時間のパソコン作業””長距離のドライブ”では、適宜休憩をとり身体を軽く動かし、筋肉の緊張をほぐすことも忘れずにしましょう。立つ・座る以外にも、”ものを持ち上げる””顔を洗う時の動作””洗濯物を干す時の動作””携帯電話やゲーム機を長時間使用”といった日常動作の中にも、こりや痛みを予防する『コツ』があります。間違った身体の使い方に気付き、改めることがこりや痛みの予防・改善の第一歩です。

≪こりや痛みを予防・改善する日常動作例≫

☆物を持ち上げる

○膝を曲げ、腰を落とす

×膝を伸ばし、腰だけを曲げる

☆顔を洗う時

○足を開き、軽く膝を曲げる

×前かがみになる

☆洗濯物を干す時

○洗濯籠を少し高い位置に置く

×洗濯籠を低い所に置き、何度も腰を曲げ伸ばす

☆携帯電話・ゲーム機の使用

○目線を斜め下に30㎝ほど離す

×長時間目線が真下に向く

 

今回は以上です。   次回も楽しみにお待ちください。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP