腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第26回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その5)

第26回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その5)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 第26回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その5)

第26回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その5)

2015/12/26

今回も『気になる身体の症状について』(肩・腰のこりと痛み編 その5)を掲載しますので、ぜひ参考にしてください。

 

Q6.寝具もこりや痛みの原因になるのですか?

Ą6.身体に合わない寝具は、こりや痛みの原因になります。

寝ている時の姿勢の悪さも、肩・腰のこりや痛みの原因になります。枕が高過ぎたり、敷布団が柔らか過ぎると、首が曲がったり、背中や腰が沈み込むなどして、首から腰にかけての背骨(脊柱)のS字カーブが崩れ、肩や腰に負担を掛けてしまうのです。寝具を変えるだけで、こりや痛みが改善される場合もあります。ご自分の身体に合った高さ。硬さの寝具を選びましょう。

1.正しい枕の条件

☆頭が適度に沈む柔らかいもの。

☆寝返りをしても頭が落ちない長さで、2つ並べてもよいです。

☆頭が持ち上がらない低さのもの(高過ぎない)。

2.理想的な枕の高さと敷布団の硬さ

☆枕が高過ぎず、敷布団に適度な硬さがあると、身体が沈み込まず、首から腰に掛けての背骨(脊柱)のS字カーブが保たれます。

☆枕が高過ぎると頭が持ち上がり、敷布団が柔らか過ぎると身体が沈んだ状態になり、どちらも背骨(脊柱)のS字カーブが崩れてしまうため、首・肩・腰に負担を掛けてしまいます。

 

Q7.大切な寝返りの役割は?

Ą7.日中に生じた背骨(脊柱)の歪みを改善してくれます。

一晩で人間は20~30回ほどの寝返りを打つといわれています。寝返りを打つことで緊張がほぐれ、起きている間に生じた背骨(脊柱)の歪みを正しい状態に戻してくれます。つまり、寝返りを打っても正しい姿勢を保持できる寝具選びが重要なのです。

ですから、エアーベッド・ウォーベッドなど寝返りの打てない寝具は極力避けましょう。

 

今回は以上です。  次回も楽しみにお待ちください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP