腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第20回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(身体の歪み編 その2)

第20回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(身体の歪み編 その2)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 第20回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(身体の歪み編 その2)

第20回 ワンポイント 豆知識 『気になる身体の症状について』(身体の歪み編 その2)

2015/11/14

前回に引き続き、『気になる身体の症状について』(身体の歪み編)の後編を掲載しますので、ぜひ参考にしてください。

 

Q2.身体の歪みの原因は?

A2.身体を支える筋肉への過剰な負担などが原因です。

背骨(脊椎)と骨盤は、前回でも記述した通り頸椎の周りにある僧帽筋や、腹部を包む腹横筋、お尻にある大殿筋などの筋肉により支えられています。そして、諸動作によって筋肉を緩めたり、縮めたりしながら骨を正常な位置に戻し、筋力の低下、硬直などが起こると背骨(脊椎)や骨盤が傾き、身体は歪んだ状態になります。歪みが生じる主な原因は次の通りです。

★悪い姿勢‥猫背や反り腰、一方の足を組む、横座りなど

★長時間の同じ姿勢‥デスクワークや車の運転など

★一部の筋肉を酷使する動作‥バックを片側の肩に掛け続けるような日常動作の癖など

★運動不足‥筋肉量が減り筋力が低下することにより、骨格を支える力が弱くなります。

★冷え‥血管が収縮して血液循環が悪化し筋肉が硬くなります。

★ストレス‥自律神経のバランスが崩れて、血液循環が悪化することにより筋肉が硬くなります。

 

Q3.出産後の身体は歪みやすい?

A3.自然分娩による出産は、骨盤が傾き歪みやすくなります。

自然分娩時の出産は、産道となる骨盤(特に恥骨部分)が最大に開きますが、産後約2ヶ月経つと自然に元の状態に戻ります。骨盤が開くことによって伸びる大臀筋などの筋肉は、妊娠中の筋力低下によって元の状態に戻りにくくなります。その結果、骨盤が傾き身体に歪みが起こりやすくなるのです。ですから、産後の骨盤矯正ケアが必要になるのです。(出産回数が多くなるほど顕著になります)

 

Q4.身体の歪みをチェックする方法は?

A4.腰の反り具合や腰骨の位置で確認します。

身体の歪みは、骨盤の傾き具合から確認することができ、『前傾』『後傾』『左右の傾き』の3つに分類されます。『前傾』『後傾』の確認方法は、壁に後頭部とお尻、踵を付けて立ち、壁と腰の距離を測ります。骨盤が正常な位置にある場合は、壁と腰の距離が手指の第2関節を曲げた平たい拳が入る程度です。『左右の傾き』の確認方法は、裸の状態で両足裏を床に付けて鏡の前に立ち、腰骨に両手の親指を水平に当てて左右の高さを見比べます。

<結果>

『前傾』‥壁と腰の間に拳が縦または横に入る(反り腰が主な原因)

『後傾』‥壁と腰の間が手の平より狭い(猫背が主な原因)

『左右の傾き』‥左右の腰骨のどちらかが高く上がっている状態(バックを片方の肩に掛け続ける動作や、足を組む側が同じなど日常生活での動作の癖が主な原因)

 

今回は以上ですが、次回は「身体が歪むとどのような影響があるのか?」「身体の歪みは自分で治せるのか?」について掲載しますので、ご期待ください。

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP