腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第17回 ワンポイント 豆知識 「人間の身体の基礎知識(人体の構成)」 人体の組織(生物学)編

第17回 ワンポイント 豆知識 「人間の身体の基礎知識(人体の構成)」 人体の組織(生物学)編|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 第17回 ワンポイント 豆知識 「人間の身体の基礎知識(人体の構成)」 人体の組織(生物学)編

第17回 ワンポイント 豆知識 「人間の身体の基礎知識(人体の構成)」 人体の組織(生物学)編

2015/10/16

前回まで「人間の身体の基礎知識(人体の構成)」細胞編を3回に亘り掲載しましたが、今回は『人体の組織(生物学)編』について掲載します。

 

【概説】

生物学における組織とは、何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のことで、全体として一つのまとまった役割を持ちます。

生体内の各器官(臓器)は、何種類かの組織の決まったパターンで集まって構成されています。

ある程度以上発達した多細胞生物では、それを構成する細胞に役割に応じた形態や性質の差があり、それを細胞分化した細胞が個々に離れて存在する例もありますが、より高度な多細胞生物ではそれらが集まっており、異なった性質の細胞群が組み合わせられることで個体が形成されます。このような細胞群を「組織」といいます。

組織は、普通は細胞が立体的、三次元に配置した生物で認められ、細胞と個体の間の階層を成すものとみなされます。複数の組織が組み合わさって一定の働きを持つまとまりを成したものが「器官」といい、これは組織と個体の間の階層を成します。

 

【人体組織の4基本形】

組織とは同じ形態と機能を持つ細胞が集まり、一定の規律に従い配列したものを組織といいます。人体の組織は大きく分けて「上皮組織」「結合組織(支持組織)」「筋組織」「神経組織」の4つの種類に区別されます。

1.上皮組織

上皮組織は、基底膜と呼ばれる細い線維の集まりでできた板の上に、数多くの細胞が互いに密接して並び、その間は特別な細胞間結合装置によって結合されて、体表や器官の表面や内腔を覆う組織です。その機能は、器官の表面を覆い、内部を守るのが基本であるのが(被蓋上皮)、刺激を受容する機能の発達した感覚上皮、物質を吸収する働きの目立つ吸収上皮、分泌機能の著しい分泌上皮(腺上皮)があります。

 

2.結合組織(支持組織)

結合組織は全身に広く分布し、器官・組織・細胞の間にできる隙間を埋め、結合するとともに、骨や軟骨のように身体を支える支柱の働きをする組織も含まれます。結合組織の特徴は、上皮組織と異なり、多量の細胞間基質を有しその間にそれを作り出した細胞が点在することです。基質の性質により、線維性結合組織、軟骨組織、骨組織、血液とリンパに分けられ、それらを総称して支持組織といいます。

 

3.筋組織

収縮能が特に発達した細胞の集まりから成る組織で、収縮、弛緩を繰り返します。この組織に属する細胞は形が細く長いので一般に筋線維と呼ばれています。筋線維は長軸方向に走る多数の筋原線維を入れます。筋原線維はアクチンとミオシンという細線維(フィラメント)の集まりから成ります。細線維の規則的な配列が横紋として観察されますが、筋原線維に横紋が観察されるかどうかにより、平滑筋と横紋筋が分けられ、横紋筋のうちで骨格に付着するものを骨格筋、心臓を構成するものを心筋として区別しています。

 

4.神経組織

情報伝達をする働きとする組織であり、神経細胞(ニューロン)と神経膠細胞(グリア細胞)から成ります。

 

次回は、「器官」について掲載します。  乞うご期待ください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP