腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第3回 ワンポイント 豆知識 「ふくらはぎ編」 その2

第3回 ワンポイント 豆知識 「ふくらはぎ編」 その2|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 第3回 ワンポイント 豆知識 「ふくらはぎ編」 その2

第3回 ワンポイント 豆知識 「ふくらはぎ編」 その2

2015/01/30

 

現在の日本人で 「ふくらはぎ」 が 『第2の心臓』と呼ばれ、下半身の血流を心臓に戻すために大なる働きを知っている方はどの程度いるのでしょうか?

 

・上半身の血流は「心臓」が担い、下半身の血流は「ふくらはぎ」が担っています。

・ふくらはぎが衰えると、血流が悪化し、血栓を作ります。

・血栓が動脈硬化を起こした血管につまり、「脳梗塞」「心筋梗塞」の発生原因となります。

・血流が悪化することで、栄養の吸収と、老廃物の排泄が悪化します(シミ、体臭の発生も関連します)。

・『老臭』はふくらはぎの機能低下が関連しています。

・血流の悪化により、脳血管にも充分な血液が供給されにくくなります。

・ふくらはぎの機能低下は、『万病の元』と言っても過言ではありません。

 

人類は進化の過程で、下半身の血流を心臓に循環するため、ふくらはぎに『ポンプ機能』を持たせました。ふくらはぎの筋肉が、静脈の血管をもみくだしたことで血液を下から上へ、下肢から心臓へ戻すことが可能になりました。この作用を『ミルキングアクション(筋肉ポンプ)』と呼びます。

 

今回の「ふくらはぎ編  その2」は、その1の後編として記述いたしますので、これからの皆さまの健康管理のお役に立てていただければ幸いです。

 

血液は人体の60兆個もの細胞に酸素や栄養素を運び、不用になった老廃物を回収しています。

血が巡らないと、身体は冷え衰えていきます。そして、血液の循環が止まることは『死』を意味します。  だから “ふくらはぎをほぐしなさい!!”

 

ふくらはぎをほぐすだけで、自律神経が整い、身体が温まって免疫力がアップします。

昔から『冷えは万病の元』と言われ、現在の医学では『体温が1度下がると免疫力は30%以上、基礎代謝も10%以上下がる』と唱えられています。

冷えの大元は『血管の澱み』であります。川が澱むと濁るように、血流がスムーズに流れないから栄養もホルモンも滞り、末端まで血液が届かなくて身体が冷えてしまうのです。

 

座る時間が長いと、血管が衰えて「脳梗塞」や「心臓病」になる確立が高くなります。

自宅でもオフィスでも、『じっと座っている時間が長い』『運動不足』『逆に運動し過ぎてふくらはぎが筋肉疲労している』『ストレスが多い』『エアコンで身体が冷える』など、そのような生活習慣はふくらはぎを衰えさせ、血栓ができやすくなります。

 

『冷え』を遠ざける心掛け!

身体に不調があったら、医療機関で治療を受けることが言うまでもありませんが、全ての病気に『血流障害』と『冷え』が関わっています。そこで、『自律神経』と『身体の歪み』についてご説明します。

自律神経は、体内の機能をスムーズに働かせる神経で、この神経を整えると、『血液循環』や『体温調節』が順調になり、冷え症改善にも有効です。もちろん姿勢も大事です。

身体が歪んでいると、血液があちこち滞り、やがて『内蔵機能』や『筋力低下』するので、『冷え症』につながってしまいます。

 

【冷えのタイプ】

1.気虚(ききょ)のタイプ

気力・体力の乏しい状態で、『やせ型で顔色が青い』『疲れやすい』『貧血気味』『胃下垂気味』状態で、体質的に冷えやすいタイプです。 → バランスよく食べて、たっぷり睡眠をとって、疲れを溜めないようにしましょう。

2.クヨクヨタイプ

ああでもない。こうでもない。と考えが『堂々巡りしたり』『常に落ち込んだり』『不安にさいなまれたり』など、『めまい』『のどが詰まる感じ』『息がうまくできない』『頭が重い』『肩こり』『背中や胸や腰の痛み』『腹が張る』などの状態で、いつも気が休まらないと、「身体=血管」も緊張し続けて、血流が滞るタイプです。 → お風呂や散歩などリラックスできて、血液が巡りだす時間をまめに取るようにしましょう。

3.冷えのぼせタイプ

すぐカーッとして顔がほてったり、逆にサーッと血の気が引いたり、気持ちのアップダウンが激しい人は、自律神経やホルモンが乱れがちなど、『イライラ』『カリカリ』しやすい状態で、顔色はいいのに心臓や脳に負担が掛かるタイプです。 → ストレッチなどの軽い運動を心掛けます。

4.乾燥タイプ

血液が足りなくて細胞に栄養が行き渡らず、鉄分も不足している状態で、特に女性は月経中(生理中)が要注意で、『顔色が悪い』『肌や唇のかさつき』『爪が割れる』『抜け毛』『指のささくれ』『集中力に欠ける』など、東洋医学で「血虚(けつきょ)」と呼ばれるタイプです。 → 鉄分の多い食べ物を摂り、無理をせず睡眠をたっぷり取りましょう。

5.むくみタイプ

血液、リンパ液などの体液の流れが滞りやすく、水はけの良くない体質の状態で、『むくみ』『頭痛』『下痢』『立ちくらみ』『頻尿』『尿が出にくい』などのタイプです。 → クーラーを使用する時は温度を高めに設定し、冷たい飲み物や塩分を摂り過ぎない。また、半身浴、散歩などで気持ちよく汗をかき、常温の水やぬるま湯をたっぷり飲むようにしましょう。

 

【ふくらはぎの比較】

快調なふくらはぎ>             

・冷えていたり、熱っぽくなく温かい     

・ゴムまりのように弾力がある        

・つきたての餅のように柔らかい       

・皮膚に張りがある              

・奥にしこりがない               

・指で押した時、酷い痛みがない     

・指で押して離すと、すぐに戻る      

・痛みやだるさがない                  

不調なふくらはぎ

・手の平より冷たく、ほてったように熱い

・弾力がなく、フニャフニャしている

・ガチガチに固い

・むくんでパンパンに張っている

・奥にしこりがある

・押すと酷く痛いところがある

・押した指の跡が消えにくい

・痛みやだるさがある

 

以上、第2の心臓といわれている「ふくらはぎ」について記述しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

皆さまのご健康を心よりご祈念申し上げます。

 

また、次回の第3回 ワンポイント 豆知識 を 楽しみにお待ちください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP